子どもたちの読解力を伸ばすためにやれること

子供たちの才能や能力を知り、読解力をつけよう!

子供のこころと知育の関係

子供たちが、文字を情報として捉えられるようになるのは、いつごろからなのでしょうか。文字を理解し始める時期や印象付ける覚え方など知っておくと効果的に学習できます。また、幼少期だけでなく小学生くらいからでも実践できる学習法はあるのでしょうか。実践例を見て考えてみましょう。

学習力と脳科学

学習能力を高めるためには、脳をどう使うかとても重要だと考えられています。脳には大きく分けて「左脳」と「右脳」の機能があります。「左脳」記憶などをつかさどるデジタル脳で、「右脳」は想像力や創造力をつかさどるアナログ脳と言われています。この二つをうまく使うことが、学習効率を上げるコツではないでしょうか。

何歳ごろから言葉の意味を理解できる?

子供の知育において、脳科学の分野ではこころのリラックスが大きな一つの要素と言われています。脳が緊張していると、子供はのびのびと学習することが難しくなるからです。特に幼少期の場合、その影響は大きいでしょう。子供、ひとりひとり、家庭環境はさまざまです。両親や祖父母、兄弟がいるか、その子を取り巻く環境は個々に違います。事情があり親族と暮らせない子供で一見こころが落ち着かなく見える子でも、意外にもこころがリラックスできている場合があります。例えば、その子が片親であっても一生懸命働く親の姿を見て、その親を尊敬できる環境であれば、リラックスできていると言えるのではないでしょうか。一つこんなエピソードがあります。東大に合格した女の子の話です。彼女は父親がおらず、母親と二人暮らしで、母親が懸命に働く姿を毎日見て育ちました。経済的に苦しかったのでもちろんおもちゃも買えません。ある日、彼女はおもちゃを自分で作ることを思いつきました。紙を使い、本物そっくりに作りました。それ以来、欲しいおもちゃはすべて手作りしました。その子は普段から創意工夫することが身についていたことで、東大へ合格しました。このように、学習のベースとなる、効果的な知育は、まわりの大人が手を添え、こころの支えとなってあげることが根幹にあるのではないでしょうか。高額で優れた塾や参考書を購入しても、子供のメンタルが健康でなければ、子供はそれを活かすことが出来ません。

運動と睡眠で集中力を高める

文字の理解力を高めるためには、日頃どのような事を心がければよいのでしょうか。睡眠時間や遊び、食事についてなど、理解を深めるために脳がフル回転する要素をまとめてみました。項目ごとにまとめてありますので、ぜひチェックしていただき、効果をあげられるよう努力してみましょう。

TOPへ戻る